2007年10月23日

ここ二日で漫画を買いすぎた気がします。

■「アトリ抄」第6巻 田代琢也著 メディアファクトリー

巨乳美少女バトルアクション妖怪漫画

戦いはいよいよ最終決戦
トバリの正体とは・・・?



■「GUNSMITH CATS BURST」第4巻 園田健一著 講談社

バウンティハンターガンアクション漫画

前作で登場した最凶のあのお方が復活!



■「しおんの王」第6巻 安藤慈朗著 講談社

サスペンス将棋漫画

アニメは見ておりませんが、事件の真相はアニメ終了までに判明するのでしょうか



■「アルト」第1巻 こいおみなと著 講談社

鳥人間コンテスト漫画
ではなくて、ファンタジー入り飛行機漫画

作者は恋緒みなと改めこいおみなとさん。
恋緒さんと言えばデジタル漫画というイメージがありましたが
ただの先入観だったのかもしれません。

女装少年とかツンデレ美少女ご主人様とか、色んな要素がありますね
ちょっと期待の新刊です。



■「アフレコ」第1巻 小林拓己著 講談社

SFバトルラブストーリー漫画

死んだ恋人の声を持つ人は宇宙人だった!?
設定や話の流れに少々無理がある気がして物語にのめり込めない感があります。



■「ぺし」第4巻 風呂前有著 講談社

小学生ギャグ漫画

"鼻から牛乳"的なギャグが新鮮。
いえ、勿論このようなギャグだけではありませんが。

この巻で完結とのことですが、非常に残念です。



■「死がふたりを分かつまで」第6巻 DOUBLE-S著 スクウェア・エニックス

一人の少女を守るため戦う盲目の剣士漫画

今後が気になる展開に加え、スタイリッシュなアクション
何よりもブレード強ぇ!

と言いますか、雑魚の中にCz75持っているヤツが!
なんともったいない。ラリーにあげましょう

posted by 花 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ■講談社 | 更新情報をチェックする

2005年05月25日

■「ハツカネズミの時間」第1巻 冬目景著 講談社



閉鎖空間からの脱出劇漫画〜

私立蒼峻学園──生まれつき優秀な頭脳を持つ子供に より高度な教育を受けるべく国からの援助を受け、壁の中で様々なカリキュラムを行っている
しかしその実態は政府公認の実験施設だった・・・ッ!?
それとは気付かず過ごす生徒たち・・・
ある日学園にやってきた一人の少女が主人公たちに波紋を呼び・・・?

なんだかよく判らないミステリー漫画といった印象(ぇ
▽「ZERO」全1巻 冬目景著 幻冬舎や、▽「僕らの変拍子」全1巻 冬目景著 幻冬舎の頃の作品に近い印象を


関連BLOG内リンク
■「幻影博覧会」第1巻 冬目景著 幻冬舎
posted by 花 at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ■講談社 | 更新情報をチェックする

■「しおんの王」第2巻 原作:かとりまさる 作画:安藤慈朗 講談社



声の出ない少女の将棋漫画〜

病院を抜け出し大会に臨んだ紫音
歩を相手に奮闘するも・・・

13歳の彼女がそうまでして将棋に拘るのは、やはり過去の事件からだろうか・・・


関連BLOG内リンク
■「しおんの王」第1巻 原作:かとりまさる 作画:安藤慈朗 講談社
posted by 花 at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ■講談社 | 更新情報をチェックする

2005年05月17日

■「エア・ギア」第10巻 大暮維人著 講談社



ローラースケートバトル漫画〜

超獣-ベヒーモス-との一戦を終え、広大なエリアを獲得したイッキたち"小烏丸"
彼らを待ち受けているのは安息の大地ではなく、息をつく暇もない連戦バトルッ!?


関連BLOG内リンク
■「天上天下」第13巻 大暮維人著 集英社
■「エアギア」第9巻 大暮維人著 講談社
■「エアギア」第8巻 大暮維人著 講談社
■「天上天下」第12巻 大暮維人著 集英社
■「エアギア」第7巻 大暮維人著 講談社
posted by 花 at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ■講談社 | 更新情報をチェックする

2005年05月13日

■「のだめカンタービレ」第12巻 二ノ宮知子著 講談社



お笑いクラシック漫画〜

のだめが変わった!
一歩進んで二歩戻って三歩進んだかと思ったら二歩戻ったけど三歩進んだ!みたいな!!(ぇ
千秋との仲も進みまくりですな というかいいのか千秋!(笑)

やっぱり面白い作品です


関連BLOG内リンク
■「のだめカンタービレ」1〜11巻 二ノ宮知子著 講談社
posted by 花 at 22:04| Comment(0) | TrackBack(1) | ■講談社 | 更新情報をチェックする

2005年04月22日

■「ブラックジャックによろしく」第11巻 佐藤秀峰著 講談社



医療関係問題提起漫画〜

我々は何かを誤解したまま生きている
その誤解に気付いたとき、貴方はどうしますか?
周りの皆は誤解したまま、右へ倣えと流されるか
周りの皆の誤解も解こうとするか
はたまた・・・

最近は斎藤先生の暴走がないせいか、物語としては面白みが薄い
今回も淡々とした流れでした。


関連BLOG内リンク
■「ブラックジャックによろしく」第10巻 佐藤秀峰著 講談社
posted by 花 at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ■講談社 | 更新情報をチェックする

2005年04月17日

■「女子大生家庭教師濱中アイ」第3巻 氏家ト全著 講談社

濱中アイ3.JPG

女子大生家庭教師ショート漫画〜

相も変わらずシモネタ満載〜
けど下品すぎないからキライにならない
何故?と考えてみる・・・台詞回しがシモネタであって、直接的な描写で描いていないからか?

まぁそこはそれとして、前2巻を貸しっぱなしなので登場キャラを忘れていました
アヤナって・・・誰?(ぇ
結構好みなキャラですがね(ぉ


関連BLOG内リンク
■「妹は思春期」第5巻 氏家ト全著 講談社
■「女子大生家庭教師濱中アイ」第2巻 氏家ト全著 講談社
posted by 花 at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ■講談社 | 更新情報をチェックする

2005年03月23日

■「もっけ」第4巻 熊倉隆敏著 講談社

もっけ.JPG

美人姉妹の妖怪漫画〜

姉の静流はモモノケが視える体質
妹の端生はモモノケの類に憑かれやすい体質
そんな二人は都会を離れ、拝み屋をしていた祖父の家に厄介になっている
というのも、油断のならないモノのいる都会より、付き合い方を知っている田舎のモノのほうが幾分かマシだから
しかし、そんな所でも出るものは出るワケで・・・

ファンタジーっぽい妖怪漫画ではなく、民俗学に近い妖怪漫画です
ゾッとするようなホラーでもないので純粋に面白いと思えます
日本で古くから伝わる事について学べ、物語としても非常に良作
日常生活での心構えなんかも学べたりできます
オススメ!!


例えば、カエルが財神である所以
私の財布には小さなカエルの陶器のお守りが入っていますが、これは「お金がカエルから──」という様に云われているからですが
実際は、カエルは田の神の使いであり、田んぼ→米→財 ということで財の神であるから
( ・∀・)つ〃∩ ヘェーヘェーヘェーヘェーヘェー
posted by 花 at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ■講談社 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。