2004年11月09日

■「虚数霊」第1巻 むらかわみちお著 幻冬舎



手にしたとき、これは大当たりか大ハズレかどっちかだ と思ったり思わなかったり

噴火した富士山からの降灰とガスの溶けた強い酸性雨により首都東京が機能を停止し文字通り灰燼に帰そうとする現在。日本は新しい思想と技術のうねりの中にあった。20世紀末に皆川ゆかによって提唱された「虚数精神論」は、今世紀初頭にその科学的実証がなされるに至って、精神の力場とともに存在する物質という認識を付け加えることとなった。形而上学や東洋哲学として半ば隅に追いやられていた"それ"が、西洋発の認識と学問を踏み越え、主役に躍り出たのである。ある人はそこに新たな価値を求め、ある人はそこに次なるテクノロジーの萌芽を求めた。これはそんな時代に旧・東京 北千住で骨董屋を営む女主人の話である。

・・・説明文 長ッ
まぁ手っ取り早く説明すると、東京が滅亡した時代、"モノ"に込められた人々の思いを数値化するキルリアン計測器が発明され、それによって虚数値を計測し、その"モノ"の値段を計る骨董屋さんのお話

虚数というのは二乗するとマイナスになる数
・・・らしいのですが、文系の私にはこの辺はイマイチわかりません(爆)

虚数値がプラスだと愛情を受けたモノで、付加価値が高い
マイナスだと悪霊付き
まぁ文系の私にもわかりやすい!!(笑)

色々と小難しい話が飛び出てきますが、人々の思いを虚数という数字にする──
非常に面白い手法です

ズバリ 大当たりッ!
他の著書も探すぞ〜ッ!!

ちなみに、皆川ゆか氏は実在で、講談社X文庫にて多数の著書が
少女向けライトノベルですな
posted by 花 at 22:14| Comment(7) | TrackBack(1) | ■幻冬舎 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コレ、面白そうですね〜。
本屋の新刊のコーナーで見なかったので、ノーチェックでした。。。
もしかして、バーズコミックス取り扱ってないとかあるんですかねぇ(^_^;)
単純に見落としたのかなぁ。。。

表紙見て、大当たりか大ハズレかどっちかだって、良くありますよねw
このサイトには、本当助けられます(^o^)/

今度、本屋で探してみまーす!!
Posted by うぐいす at 2004年11月11日 00:31
すいません〜。
また連続カキコになっちゃいました(T.T)
↑の削除お願いします。
なんで、こんなになっちゃうんだろう。
本当すいません・゚・(ノД`)・゚・。
Posted by うぐいす at 2004年11月11日 00:44
虚数霊は7月に出た作品ですね
新刊コーナーにはないのかもしれません

幻冬舎、置いてある店は少ないですねぇ
大きい本屋なら確実でしょう
なければ取り寄せで♪
Posted by 花盗人 at 2004年11月11日 13:00
こちらの記事トラックバックさせていただきました!!
花盗人さんのマンガ選択眼は好きです☆
今後もトラックバックさせていただくことあると思いますので、よろしくお願いします♪
Posted by うぐいす at 2004年11月27日 00:32
トラックバックありがとうございます

>花盗人さんのマンガ選択眼は好きです☆
いやいや、マイナーな漫画が好きなもので(笑)
(ノ´∀`*)テレテレ

今後とも宜しくお願いします〜
Posted by 花盗人 at 2004年11月27日 11:36
新刊出てないか検索かけたら行き当たりましたw
私は原案(?)の小説を読んで、この題名に惹かれました
良かったらタロットシリーズ読んでみてください^^
お勧めです(*゚ー゚)b
惹かれたのは原案ですが、この話も好きです
早く続き出ないですかねぇ・・・
Posted by てぃー at 2005年08月03日 22:58
suwoaoeoib 出たとこBlogger: ■「虚数霊」第1巻 むらかわみちお著 幻冬舎 dlathxkbom
Posted by gucci outlet at 2013年08月13日 09:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

心、虚ろなるもの
Excerpt: 「虚数霊」(出たとこBloggerさんからのトラックバック) 【虚数霊】 作者:むらかわみちお 同作者別作品:還相 /Ringlet 出版:幻冬舎 月刊コミックバーズ連載 巻数:既刊1巻..
Weblog: Birds of Paradise
Tracked: 2004-11-26 23:57
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。