2004年10月19日

■「サムライガン」第7巻 熊谷カズヒロ著 集英社

サムライガン

アニメ化も果たした正義のアクション漫画〜 完結ッ!!
この漫画がアニメ化されるとは夢にも思っていませんでしたヨ

幕末と呼ばれる"かもしれない"時代
幕府の圧制の陰で暗躍する男達がいた。
新式の連発銃、黒い鉄兜に身を包み、常人とはかけ離れた動きをするサムライガン
庶民から義賊としてもてはやされる彼等には、紗に覆われたもう一つの顔があった。
謎の組織"評議会"の先鋒として幕府体制を倒すための武装集団がそれである。
"幕藩体制維持局"との戦いが激化する中、評議会内部でも一部の初期養成型サムライガンによる反乱が起こる。
続々と離反するサムライガン達が終結する中、幕府と評議会の関係が少しずつ明らかになってくる・・・

様々な事象が絡まりあい、何が悪で何が正義か──
勝海舟や佐久間象山なんて名前も飛び出します
幕府と評議会は結局どうなったのか。生き延びたサムライガン達はどこへ行ったのか・・・
真実は結局闇の中へ

そして話は▽「サムライガン月光」全4巻 熊谷カズヒロ著 集英社 へ続く
月光では六号丸が登場するが、その他のサムライガンは今後描かれることがあるのだろうか
今巻では七号丸の今後を匂わせるヒキかただったワケですが・・・はてさて


posted by 花 at 18:04| Comment(2) | TrackBack(0) | ■集英社 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。
マンガドリと申します。
私はサムライガン大好きです!
サムライガンはカッコイイのに、
イマイチ有名ではないことが悲しい・・・。
Posted by マンガドリ at 2005年06月28日 19:13
はじめまして〜コメントありがとうございます!

元々アニメ化するほどの自力を持っているにも関わらず、マイナーに収まってしまっているのはやっぱり「宣伝」が足りなかったのではないでしょーか
破壊魔定光とかも(笑)

宣伝が足りないばかりに良作が世間に知れ渡らない・・・
嗚呼世の中にはこんなにも素晴らしい漫画があるというのに!

そんなこんなで私は今日も漫画を紹介するワケで
Posted by 花盗人 at 2005年07月02日 00:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。