2004年10月19日

■「蒼のサンクトゥス」第1巻 やまむらはじめ著 集英社

蒼のサンクトゥス

近未来SF海洋ロマン漫画〜

新世紀初頭、"それ"は外の宇宙からやってきた
"それ"はこの星の3箇所に降り立ち、その地を恐らくは自らの居住に適すると思われる環境へと変換した
と呼称された直径200kmを超えるその空間は
かつての大地であって大地ではなく
海であって海でないものとなった
極めて異質な内部環境でもって人の手を寄せ付けないその空間は
その深奥にあると推測される存在と人類を隔ててそこに在り続けた──

そんな状況が当たり前になって十数年
世界各国がヤブヘビを恐れ、遠巻きに静観を決め込んでいた状況が一変したのは
偶然、内で発見された豊富なレアメタルのせいだった
それによって次世代エネルギー革命のキッカケを得た人類は、稀少鉱物資源を得る為に積極的にに関わっていくことになった
やがて下での資源採取を専門に行う民間の小集団が多数現れ、一つのコミュニティを形成する様になった

その資源採取を行う民間企業に勤める主人公
未知との狭間に関わる彼らが見るのは──


設定もしっかりしてて、なおかつ謎や伏線もあり、今後の展開が気になります


posted by 花 at 17:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ■集英社 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。