2004年09月21日

■「女王の百年密室」全1巻 原作:森博嗣 作画:スズキユカ 幻冬舎



スズキユカ氏の名前で購入(ぇ

スズキユカ氏はまんがライフMOMOにて「おうちでごはん」を連載中
そのほのぼのとした雰囲気とノリのいいキャラ達、温かみのある絵柄など、私的に非常に好きな作品です。
まさかコミック出してたとはッ!(不覚)


この「女王の百年密室」は「すべてがFになる」などで有名な森博嗣氏の小説が原作
近未来的ファンタジー推理モノ?
ミチルとロボット(?)のロイディの二人が辿り着いたルナティック・シティ
完全に外部から独立し、100年間塀の内で自給自足をしている街
死というモノがなく、殺人による罪という概念が存在しない街
神を見てはいけない。目にすれば失い、口にすれば果てる。そんな言い伝えのある街
そこで起きた密室殺人 外から来たミチルはその不自然さから犯人を捜そうとする・・・

「おうちでごはん」とは雰囲気がまったく違うものだから少々戸惑いましたが、この雰囲気はこの作品に非常にマッチしています
内容は非常に難しかった・・・やはりそこは小説原作だなといったところ


posted by 花 at 20:20| Comment(0) | TrackBack(1) | ■幻冬舎 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

小説『女王の百年密室』
Excerpt: 久々に本を読み終わりました。 長期休暇を挟んだのに予想外に全然進みませんでした。
Weblog: もんもん的見解
Tracked: 2005-01-05 21:52
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。