2004年07月31日

▽「RED」1〜15巻 村枝賢一著 講談社



マイナーじゃないかも〜
けどアッパーズはマイナー雑誌よね?(ぉ

LIVING ON THE EDGE
崖っぷちウェスタン復讐劇
19世紀アメリカ西部が舞台

熱い。非常に熱いストーリー展開 しかし非常に悲しい物語

出てくる銃器もなかなかコアなところを突いてくる
主人公レッドが2巻から使用する「S&W M03A7 HATE SONG」という銃。
ライフルの弾をリボルバーでぶっ放すという無茶な銃だが、架空のものかと思いきや、実在するらしい
数丁しか製造されておらず、現存はしてないそうですが(笑)
S&W社に資料だけ残されていたとのこと。見つかったら数千万円単位で取引されるんじゃないか!?
聞くところによると常人には射撃時の衝撃に腕が耐えられないので、肩当を取り付け、腕全体で衝撃を受け止め撃つらしい
それをレッドは片手で!!

現在連載はクライマックスに向かっています。
果たしてレッドはこの悲しい復讐劇を終わらせることができるのでしょうか・・・


posted by 花 at 12:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ▽紹介 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。