2006年10月04日

●まんがタイムジャンボ 11月号

先月スケジュール調整のため休載した藤凪かおるさん「Boy's たいむ」が連載再開記念巻頭カラー


ゲスト1 野広実由さん「パティシエール!」
ファミリーで連載中の菓子職人見習い4コマ
ジャンボでは何度もゲストで登場していましたが、1月号から連載開始
ファミリーと二足草鞋になるんでしょうか


ゲスト2 冬嫦あおいさん「ぷちっこパティスリー」
7月号にゲストで登場した背の低いパティシエール物語
今回驚愕の事実が発覚。
もっと驚きが増すシチュエーションを演出してもよかったと思うのですが


ゲスト3 田中見来さん「キッチン少年」
3、4回目?のゲスト登場。料理上手な中学生のお話
なんだか料理関係のゲストばかりですね今月は
食欲の秋だからですか。なんて短絡的なんでしょう
こんな連想しかできない私の頭は。


ゲスト4 柚月もなかさん「カフェらった!」
姉妹誌であるラブリーのD1グランプリ優勝者がゲストで登場
もはや観光地と化した某都市のメイドカフェ。
今回は、観光地化の波及的問題を笑いにしています


第五回D1読選グランプリ開催
岡本豆太さん「ロックン坊主」
タイトルの通りロックな住職とその娘の話

MEGさん「OH!げんこつLIFE」
D1グランプリ2度目の挑戦となるMEGさん
作者が愛する犬、パグの話

鳴海柚来さん「どこ行く?」
3人の女子大生物語

どれもあまりパッとしない印象を受けました
それぞれ3本しか掲載されていないので評価しにくい部分もあります。
よって、ラブリーを読めば或いは。


たかまつやよいさん「HIスクールライフ」

kotabo.JPG

いつどこからやってきた未来人ですか

「今日、活きのいいカツサンドが大量入荷でーすっ
今から一時間ぽっきりで 一つ半額サービスなのでーすッ」

kobato.JPG

そしてそれを胸に挟むんですね。
未来から来たのに、役立つ道具を出したり
心臓病の薬をくれたりなんか全くしない未来人ほど豊満ではありませんが

と言いますか生徒会長のほうが大きい これは意外

hischoolzone.JPG

後ろの居るアズマはウサギ獣人か?とか思ったり(殆ど死んでるさん)

この生徒会、実はSOS団とか言うんじゃないですか
三人しか居ませんが。

「生徒会による学校運営組織」
School management Organization by Student government
略してSOS団。
お、なにやら理に適っているような気がしますね
どっから"団"が出てきたんだというツッコミはスルーで


辻灯子さん「Moreべたーふれんず」が、「TO BE CONTINUED」ではなく「FIN」で終わっていたのが気になります
どこにも最終回とは書いていませんし、内容も最終回の雰囲気ではありません
ただ最後のページに「FIN」の文字
うぅむ気になります


posted by 花 at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ●タイムジャンボ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。