2006年09月16日

「さよなら絶望先生」正解と解答

20万HIT超えました。ありがとうございます
思えばつい先月13日頃に10万HITしたばかりです
2年かけて10万HITしたのが、わずか1ヶ月足らずで倍に。
これもハルヒによる情報爆発、DVD2巻の記事から来訪者は鰻の滝登りです
海外からの来訪者も多く、アメリカ韓国中国はもとより、ブラジルやポーランドからも
本当に情報爆発は瞬く間に全世界に広がっているんですね


さて、ヤマカムさんが絶望先生五巻に於いて、慢性的なネタ不足に陥っているらしく
レビューを求めていらっしゃいます

そこで私は、毎回判るような判らないような所で律儀にパンチラを繰り返す木村カエレを追跡しました
告訴されやしないかと不安ですが。




第一巻

第六話 その国を飛び越して来い
zetubou50.JPG
P83 5,6コマ目、P84 2コマ目
全ての発端、この後、絶望先生は強制わいせつ罪で告訴されるも
第十話にて示談が成立していたことが判明する


第七話 アンテナ立ちぬ いざ生きめやも
zetubou50.JPG
P98 6コマ目
音無芽留に「パンツ見せキャラだろ」と指摘され、律儀にパンチラ
しかし侮辱罪で告訴はしている


第八話 書をきちんと本棚にしまって町へ出よう
zetubou50.JPG
P112 8コマ目
木津千里登場の回、キッチリ義務を果たすべくパンチラ


第九話 僕たちは、どんなことがあっても一緒に固まっていなければ駄目だ
zetubou50.JPG
P126 7コマ目
自然にやさしい日本人、自然な流れでパンチラ


第十話 当組は問題の多い教室ですからどうかそこはご承知ください
zetubou50.JPG
P141 7コマ目
普通少女 日塔奈美登場の回、非常に判り難いところで普通にパンチラ




第二巻

第十一話 今月今夜のこの月が僕の涙で曇りますように
zetubou50.JPG
P16 1コマ目
七夕の回、来世笹に吊るされた植草という人の短冊でパンチラ
教授によって盗撮されたということでしょうか


第十二話 まだ開け初めし前髪の
zetubou50.JPG
P23 8コマ目
ペリー来校によってマタを開かされパンチラ その後強制わいせつ罪で告訴


第十三話 君 知りたもうことなかれ
zetubou21.JPG zetubou50.JPG
P37 3コマ目、P45 見開きページ左側中央付近
知りたくない情報の中にパンチラ、スカートの中身も知りたくないのか
しかし、宇宙の真理の中にもパンチラがあることから、やはり知りたいことなのか
それでも知って後悔するのがパンチラ


第十四話 私は宿命的に日陰者である
zetubou50.JPG
P55 8コマ目
交番内のポスターでパンチラ 指名手配を受けるほどにまで


第十五話 仮名の告白
zetubou50.JPG
P74 2コマ目
4コマ漫画に於いて禁断の5コマ目があると主張する先生のバックでパンチラ
しかし4コマでオチずに5コマ目でオチてるので"起承転結闇"になっていません
"起起起起結"になってます


第十六話 民さんはいっぱいいっぱいな人だ
zetubou50.JPG
P83 7コマ目
臨界合宿所にて臨界を迎えたイジメられっ子が作成した爆弾によってパンチラ


第十七話 義姉さん ぼくは貴族です
zetubou50.JPG
P98 4コマ目
道端でさりげなくパンチラ


第十八話 見合う前に跳べ
zetubou50.JPG
P118 5コマ目
裾の短い着物を着せられパンチラ その後名誉毀損の罪で告訴


第十九話 それだから逃げるのだ ついて来い!フィロストラトス!
zetubou50.JPG
P129 4コマ目
存在感の薄い臼井君に向かって吹いた神風によってパンチラ
神風とはこうあるべきでしょう


第二十話 あんまり不安定だからわたし空を探しに行ってきましたのよ
zetubou50.JPG 
P137 4コマ目、P146 1コマ目
不安定な天候の中風に飛ばされバンカラ
その後、不安定な姿勢でパンチラ




第三巻

第二十一話 きもすぎて悲しみの市

P4 扉絵左下
この回は本編中を探しても探しても見つかりませんでした。
まさか扉絵でパンチラしているとは


第二十二話 恥ずかしい本ばかり読んできました

P29 1コマ目
臼井君の読んでいる自己啓発系の本の中でパンチラ


第二十三話 一人の文化人が羅生門の下で雨宿りをしていた

P46 11コマ目
(最低限)文化的なパンチラ
この回では珍しくパンチラ以外が原因で告訴している


第二十四話 生八ツ橋を焼かねばならぬ

P58 6コマ目
下見しているエロサイト内でパンチラ


第二十五話 吾輩は天下りである 仕事はまだない

P76 1コマ目
絶望先生が前世に天下った先でパンチラ


第二十六話 ある朝 グレゴール・ザムザが目を覚ますと神輿を担いでいた

P83 9コマ目
円周率を読み上げている少年の後ろで水たまりパンチラ


第二十七話 富士に月見草は間違っている

P100 7コマ目
著名人の間違い探しの中でパンチラ
ちなみに、このパンチラは間違いではありませんでした


第二十八話 証明しようと思っていた 今年の正月

P117 2コマ目
自分を失った絶望先生を解放する男の家の外でパンチラ


第二十九話 親譲りの無気力で子供のときから冬眠ばかりしている

P130 4コマ目
集団冬眠中にパンチラ


第三十話 今の武蔵野は闇である

P147 8コマ目
闇となっている金屏風の裏でパンチラ




第四巻

第三十一話 青銅のキリステ

P14 1コマ目
縁切り寺の絵馬にパンチラ


第三十二話 十一月四日に生まれてすいません

P29 6コマ目
木津千里によって「巨乳が私を苦しめる」と苦しみます吊りーにつるし上げられパンチラ


第三十三話 この一間 どうして片してよいものか

P46 1コマ目
木津千里によってデッドスペースを埋められた絶望先生宅の中でパンチラ


第三十四話 一人[ピン]より女夫[コンビ]の方がええいうことでっしゃろ

P56 5コマ目
臼井君と自転車でぶつかった拍子にミラーでパンチラ


第三十五話 私はその人を常に残りものと呼んでいた

P72 7コマ目
プルサーマル計画の説明時にさりげなくパンチラ


第三十六話 津軽通信教育

P87 4コマ目
生きる資格講座の合格発表通知時にパンチラ


第三十七話 あヽ無言

P94 8コマ目
熱愛が発覚した芸能人に押しかけるマスコミのそばでパンチラ


第三十八話 惜しみなくチョコは返す

P113 6コマ目
クーリングオフされた木津千里との"あの時"の記憶の中でパンチラ


第三十九話 二郎物語
 
P130 1コマ目
脳内帰国子女会議中、チャイナ服でパンチラ


第四十話 人生の一段のひな壇にも若かない
 
P144 1コマ目
絶望先生の望む理想の国家で踊りながらパンチラ




第五巻

第四十一話 白い虚構
zetubou20.JPG
P9 6コマ目
漫画家と打ち合わせしている喫茶店の外でパンチラ


第四十二話 シミと毒出し
zetubou19.JPG
P29 5コマ目
抜かれた毒を取り戻した途端にパンチラ


第四十三話 雪よ さらば
zetubou03.JPG
P42 5コマ目
心を凍らせた絶望先生の横でパンチラ


第四十四話 注文は聞かない料理店
zetubou17.JPG zetubou18.JPG
P57 9コマ目
自己完結型美術家の絶景先生の美術館に飾られている絵の中でパンチラ
ということは、彼女のパンチラは自己完結しているということでしょうか


第四十五話 身のたけくらべ
zetubou15.JPG
P70 1コマ目
起きて半畳寝て一畳でパンチラ


第四十六話 ベタ・セクシャリス
zetubou13.JPG zetubou14.JPG
P85 4コマ目
証拠が揃いすぎている密室殺人事件の容疑者としてパンチラ


第四十七話 夢無し芳一の話
zetubou08.JPG zetubou12.JPG
P98 7コマ目
絶望先生の夢の中でパンチラ


第四十八話 ヨボー家の人々
zetubou09.JPG
P111 7コマ目
構図がカブらないように予防したあげくにパンチラ


第四十九話 暗夜号路
zetubou10.JPG
P126 4コマ目
地デジに関する暗号を解いたところCM内でパンチラ


第五十話 新しくない人よ 目覚めよ
zetubou11.JPG
P144 10コマ目
日本人と結婚したがる外国の人と思しき人たちの中でパンチラ




第一巻の第六話での初登場以来、四十五話連続パンチラとなりました


「新コータローまかりとおる!柔道編」では、真冬であっても扉絵を水着の女の子(主に麻由美)を1年間登場させ続けるという偉業を遂げています
絶望先生も(多分)1周年です
連続パンチラのタイトルホルダーが誰なのかは判りませんが、このまま記録を続けて欲しいものです。
探すのは大変ですが

それにしても、今気付きましたが、各話のタイトルはすべて文学作品を元ネタにしていたんですね


と言いますか、このパンチラ探しネタはもう他のサイトさんもやっていたりしませんでしょうか
それ以前にこの記事はヤマカムさんの望むものとは別物ではないでしょうか



-09/17 追記-

各話にコメントも追加しました
なんだかパンチラパンチラと書きすぎのような気がします
どこか一つくらいチンチラにしても気付かれないような


posted by 花 at 19:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 駄文 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。