2006年08月05日

●まんがタイムジャンボ 9月号

いつまでも漫画記事が1ヶ月に一回というのもなんですから
これからは雑誌記事くらいは書いて行こうと思います
ある程度時間に余裕も出てきたことですし
・・・ええ、いつもの思いつきだけの行動ですとも。


さて、タイムジャンボは今月号から新装開店

無線綴じから中綴じに。
ページ数で言うと、先月号の214Pから198Pに減りました
16P分ということは、大体2作品分くらいですが、特に何か変わった点は見当たりません
値段も据え置き

・・・はて?


妙だと思い、先月号と比較してみたところ
・掲載枠は変わっていない
・31作品中、13作品のページ数が減っている
・また、5作品はページ数が増えている


このような形で、作品あたりのページ数を減らしてきた様です
特に藤凪かおるさんの「Boy'sたいむ」は8Pから4Pと、半分になってしまいました。
詳しくはこちらの表をご覧ください(別窓で開きます)
まんがタイムジャンボ 9月新装刊号比較表

今回の新装刊は、コスト削減が一番の目的なのでしょう。
作家に払う原稿料を抑えて雑誌による利益を追求した。と

とは言え、月あたりのページ数が減って単行本になるペースが落ちると
その分収益も減ることになるのではないでしょうか
それとも、4コマ漫画の単行本は、さほど数が出ないと踏んで
雑誌からの収益を増やそうという魂胆なのでしょうか

・・・ただの邪推です。出版社様はもっと物を考えていらっしゃることでしょう。

なんにせよ、個人的には中綴じより無線綴じのほうが積みやすくて良いのですが




内容に目を移すと、なんだかタイムきららに雰囲気が似てきた様な気がしないでもないです

たかまつやよいさんの「HIスクールゾーン」が新連載
ノリで立候補した稲妻アズマ、学年トップの我集院ヨネ、ドジっ娘のこばと
個性的な3人によって構成される生徒会だが、学校運営まで任されてしまった!?
面白くなりそうで期待しています。
とりあえず、我集院さんはツッコミで忙しくなるでしょう(笑


それより見所なのが大乃元初奈著「おねがい朝倉さん」

asakurasan.JPG

なんだかアレなことをしているようにしか見えないのは、気のせいでしょうか
特に2コマ目の女性がもう(逝ってこい


posted by 花 at 01:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ●タイムジャンボ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。