2013年08月07日

C84サークル参加情報

なにがどうしてこうなったのか。


C84 3日目
8月12日(月)
東3ホール エ-26b 「出たとこナントカ」


個人でのサークル参加は初。
4コマレビューではないです。けど4コマです。

エースコンバットで4コマ描きました。
16Pのコピー本。1部100円予定です。

興味がある方はぜひお立ち寄り下さい。
興味がなくても手にとって頂けると嬉しいなっ



[追記]
コミケ3日目閉会後、エースコンバットオフやってます。
【 #エースコンバット 東京オフ EXTRA XV 】 Operation Vayu

ぜひPSP持って3日目に来てね!
posted by 花 at 12:47| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | 更新情報をチェックする

2013年08月06日

ふかさくえみさんの作品を"聴き"に「ミエルレコード with OTOWA」へ行ってきた

渋谷のオシャレ本屋さん、SHIBUYA PUBLISHING BOOKSELLERSの書斎ルームで行われている「ミエルレコード with OTOWA」に行って来ました。


ミエルレコードとは、漫画と音楽を融合させる、聴く本、読む音楽。
既存のモノを組み合わせ、新しい何かを創造する。これぞクリエイティブ。

その漫画と音楽を組み合わせる手法とは、紙巻きオルゴールです。
イラスト・漫画が描かれ、穴が開けられたテープ。このテープを元に音が奏でられるのです。

オルゴールを廻すことで、漫画が流れ、音も流れる。漫画と音楽が一体化した作品になる寸法ですね。

20130806-02.jpg

今回私が訪れたメイン目的は、ふかさくえみさんです。 何度でも言いますが、ふかさくえみさんの作品大好きなんですよ。
 →参考:すこしふしぎでキュートな5つの物語 - 3月30日発売 ふかさくえみさん「購買のプロキオン」発売前レビュー

ふかさくさんの作品は、漫画を基調にし、音楽をプラスしたものでした。
流石のふかさくさん。 ただ単にプラスするだけでなく、漫画のあちこちに音の演出が込められています。

20130806-03.jpg
台詞に穴を開け、「音」で台詞を演出。

20130806-04.jpg
水中での泡を穴で表現し、水中の「音」を演出。

この他にも映画フィルムの表現がなされていたり、穴一つについても星形や四角などで穴が開けられており、見ているだけでも十分に楽しめます。

ただしかし、何よりも「音」を加味してこそがこの作品の醍醐味です。
台詞部分に開けられた穴は、どのような音なのかは聴いてみないと判りませんし、音を聴けば、なんと言っているのか、よりイメージができるかもしれません。潜っている時の水泡の音は? あちこちに散りばめられたあの場面の音は、果たしてどのような音色になっているのか?
テープを見ている時にそうしたイメージを膨らませ、手回し式のオルゴールをドキドキしながら廻すと奏でられるその音色は、漫画のイメージとマッチした、どこかノスタルジックな余韻に浸れる素敵な音楽でした。
漫画と音楽で、見事な作品になっています。 水中潜っている時のメロディとか超好き。
「ひさしぶりっ」というあの子の台詞に続く音色も、彼女の"伝えたいこと"が音で伝わってきたような気がしました。

いやぁ、正直なところ、こうした作品の存在を知った時は、漫画表現か音楽表現か、どちらかに偏ってしまうイメージがあったのですが、素晴らしく裏切ってくれた上に、衝撃的でした。
漫画から音を作り出す。これって凄いですよね! 凄いですよ!


オカヤイヅミさんの作品では、逆のアプローチ。
アルプス一万尺のメロディがあって、そこに漫画を付加した作品。
誰もが知るメロディを下敷きにして漫画を表現するその手法にも脱帽しました。

この他にも、HAPPY BIRTHDAYのメロディのテープを、なんとメビウスの輪にしてしまった作品もあります。
表が裏で裏も表というそのテープ。裏じゃないんだけど裏に来た時にHAPPY BIRTHDAYのメロディはどのように流れるのでしょう。


これらの作品は、やはり聴いてみるしか、その作品を「知る」方法はありません。
私がここで何を言おうと、何を書こうと、これらの作品を知るには足りなさ過ぎます。
ぜひ一度、ご自身で聴いて体感してみてください。


ちなみに、会場で購入できるオルゴールにはブランクテープと穴あけパンチもセットで付いて来ます。
表面は音の目印が書かれていますが、裏はまっさらです。
ここはひとつ、自分で何か作品を作ってみるのも、良いかもしれませんね。

20130806-05.jpg


----
ミエルレコード with OTOWAは、8/5〜8/18まで。
コミケの後、コミティアの後にちょっと渋谷まで行ってみては如何でしょう。

あ、18日は18時までのようですのでご注意ください。

ミエルレコード with OTOWA の詳細はこちら
http://www.shibuyabooks.net/blogs/information/201307291339004664.html
posted by 花 at 01:46| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | 更新情報をチェックする

2013年08月05日

真夏の夜の納涼に、この1冊 - 8月7日発売 吉村佳さん「どろんきゅー」1巻 発売前レビュー

■吉村佳さん「どろんきゅー」1巻

みなさんは怖い話は好きですか。
私は割と好きです。心霊体験はしたことがないので自身ではファンタジー扱いなのかも。
でも、最も身近なファンタジー要素とも言える心霊体験は、一度はしてみたいと思うこともありますよね。
眠れぬ夜に布団の中で目をつぶり、目を開けるとそこに怖い人がいることを想像したりしてね。
あ、変ですか。 そうですか。(´・ω・`)


そこはそれとして、「どろんきゅー」はホラー4コマです。
女子高生の果歩ちゃんは霊感が非常に強く、しかも霊に好かれるタイプ。
雨後の筍か、雨の日の田舎のたんぼ道の蛙か、というくらい、うじゃうじゃと彼女に寄ってきてしまうので、それはもう、いろんな場所で"そういうもの"を見てしまいます。

20130807-01.jpg
自動販売機の取り出し口とか。


だがしかし、霊感が強いからと言って幽霊が見えるからと言って、幽霊が怖くないわけではないッ
怖くて怖くて仕方がない果歩ちゃん。しかし相手は幽霊。見たくないときでも空気を読まずに湧いて出ます。
もうありとあらゆる場所で霊と遭遇しては、果歩ちゃんは涙目になっちゃいます。

可愛い女の子が幽霊にビビる姿を堪能する。
そう、それが良いんです。

可愛いでしょう? 庇護欲をそそられるでしょう? ドS心に火が付くでしょう?(ゲスい

どの回から読んでも判りやすい設定と4コマらしい起承転結。いわゆるオーソドックスな4コマとして成り立っている上に、可愛らしく描かれるキャラクタ。それでいて対照的に恐ろしい姿で描かれる幽霊たち。そして果歩ちゃんの恐怖に引きつる表情と悲鳴。
でも、幽霊たちは基本的に果歩ちゃんのことが好きなだけなのです。怖いながら愛嬌のあるような幽霊たちのホッするオチに、嫌悪感もなく読めるのが「どろんきゅー」の素晴らしいところ。
よかった今日も果歩ちゃんは無事だった。

20130807-03.jpg
この後まさかの展開が!?

20130807-04.jpg
電車で船を漕ぐ果歩ちゃんの隣に現れた幽霊、この後幽霊が…!?


時には幽霊であることに気付かなかったりもしますが、気付いた時は既に恐怖のズンドコ(T女ネタ)
今日もどこかで果歩ちゃんの悲鳴がこだまします。

20130807-05.jpg

そして果歩ちゃんの親友アキちゃんは、怖いものなど何もない、幽霊に対してすら傲岸不遜で唯我独尊。
この子強ぇ…。

20130807-06.jpg
アキちゃんマジ強ぇ…

果歩ちゃんが怖がる姿を好み、わざと心霊スポットに連れて行ったりしちゃうドSなアキちゃん。
でも、本当に危ない場面に遭いそうな果歩ちゃんをちゃんと引き止めているかのような行動をしている面もありそうです。
この二人の関係のバランスも、この「どろんきゅー」魅力の一つなのです。

20130807-02.jpg
まぁアキちゃんはこんな幽霊の出る部屋に住んでたりするのですが。
マジ強ぇ…

20130807-07.jpg

本気で怖い話もあるのですが、このエピソードは果歩ちゃんの現在の怖がり体質を裏付ける重要なエピソード。
特別編としてショートストーリーで掲載されたものですが、このエピソードも単行本に収録されているのでしょうか。是非収録されていて欲しいところ。されてますよね?


さぁ、この暑い夏の夜長に、一つ納涼と行きましょう。
怖いもの見たさで是非一度読んでみてください。
あ、読んでる時は背後に気をつけてくださいね。

吉村佳さん「どろんきゅー」1巻は8月7日発売!
posted by 花 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 発売前レビュー | 更新情報をチェックする

2013年08月01日

泣けば大雨。笑うと快晴。気分が沈むと曇り空 - 8月3日発売 るい・たまちさん「しくしくしくし」2巻 発売前レビュー

■るい・たまちさん「しくしくしくし」2巻

お天気神さまの、ハートフル珍道中4コマ。

完結!



天気を司る神様であるつくしは、自在に(?)日照りの大地に雨を降らせたり、寒く閉ざされた雲をこじあけ太陽で明るく照らしたり、降り止まぬ大雪を止めたりが、出来たり、出来なかったりします。
大泣きすると洪水が起き、激昂するとカミナリが落ちる。ええ、気持ちに左右されて空模様が変わってしまう彼女はまだまだ半人前の天気神さまなのです。

20130701-01.jpg
がんばれつくし。

泣いたり笑ったり、虹が差したり天変地異が起きたり。
天気のようにコロコロ変わる天気神さまの表情。
気持ちと直接繋がっている天気で、漫画的表現ではなく風景で心象を判りやすく描くその手法は批評に興味深いですね。
たとえば、「狐の嫁入り」の時は、つくしの心の中はどのようなものなのでしょうか。(この答えは1巻に)
雹は? 霧は? 気になりますね!


一人前の天気神さまになって人々に喜んでもらうため、つくしは妖狐のイナリと共に修行の旅を続けているのですが、旅は道連れ世は情け。色んなことに巻き込み巻き込まれる珍道中。
明るく朗らかでいつも楽しそうだけど、気分によって天気が変わってしまう、気分屋さんのつくし。
乱暴な言葉づかいでイジワルな面もあるけど、世話焼きでつくしのことを大事に思うイナリ。
この二人の掛けあいも楽しいのですが、個人的には魔法少女ならぬ物理少女の存在感の大きさが半端ないと思っています。彼女が出てきた時のつくし・イナリの反応は、心底迷惑そうな表情をしますが、彼女の言動に対してのボケツッコミや受け流し方などはいっそ楽しんでいるフシがあるんじゃないかな、と。
さながら銭形に追いかけられるルパンのようだったり、トカ&ゲーが登場したダンジョンで鋭いツッコミを放つアシュレーのようであったり。え、前半はメジャーだけど後半はマイナーですって? いいんです。付いてこれる人だけ付いて来れば。


旅を続け、時に帰省をし、また旅に出るつくし。
2巻ではしょっぱな、トレードマークの一つ「和傘」を無くしてしまう事件が起きてしまいますが、実は前巻の時点で紛失しているという(笑)
巻をまたいで伏線を張っていたのか、途中傘を描き忘れたことに気付いてネタにしたのかは不明です!

20130701-04.jpg


どこがどうしてこうなったのか、イナリが全裸でクマに説教をされる事件があったり。
可愛らしくもどこかシュールな作品、それが「しくしくしくし」です!

20130701-02.jpg
どうしてこうなった。


そしてまだまだ未熟な彼女を待つ大きな仕事。
豪雪地帯に降る雪を、卒業式が出来るように止めてくれ。溶かしてくれ。そう天気神にお祈りする学生さん。
目標を目指し歩き続けるつくしは、もちろん断りません。

20130701-03.jpg


果たして彼女は学生さんの祈りを叶えることが出来るのでしょうか。
ほっこりやさしい気持ちになれるラストの展開は、是非とも読んでみて下さい。


20130701-05.jpg

いつか母さまのような天気神を目指して。


るい・たまちさん「しくしくしくし」2巻は8月3日発売!!
※書籍扱いのため、既に入荷済みの書店もあります。



先月27日に2巻が発売されたばかりの心優しいゴキ○リ少女を描いた「ごきチャ」も、「しくしくしくし」と一味違って面白いですよ。


posted by 花 at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 発売前レビュー | 更新情報をチェックする

7月の読書メーターまとめ

2013年7月の読書メーター
読んだ本の数:71冊
読んだページ数:6207ページ
ナイス数:17ナイス

続きを読む
posted by 花 at 10:57| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック購入履歴 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。