2013年03月21日

すこしふしぎでキュートな5つの物語 - 3月30日発売 ふかさくえみさん「購買のプロキオン」発売前レビュー

■ふかさくえみさん「購買のプロキオン」

4コマ以外での紹介になります。
でも、ふかさくえみさんは過去にまんがホームにて「ちまさん家の小箱」を連載されてましたので、かけ離れたものではありません。とか言うのも後付けの言い訳でして、とにかく紹介したかったのです。ふかさくえみさん。大好きなんですよ。ふかさくさんの作品。



ふかさくえみさんはコミティア常連さん。「すこやかペンギン」というサークル名でいつも参加されています。
毎回毎度、素敵な物語を描くその素晴らしさは、COMITIA100、COMITIA101でアンケート投票数No.1に連続で選ばれたほど。凄い。素晴らしい。(少ないボキャブラリィ)

COMITIA100の新刊「あめ玉オクテット」
無料配布や折本などをまとめた作品に、「色」の演出を加えたのが素晴らしいかったです。

電脳マヴォでも「フェルマータ・ライフ」を掲載。
責任編集者の竹熊健太郎さんをして、
竹熊は、「マヴォ」に掲載するマンガはすべてのネームをチェックしていますが、この『フェルマータライフ』だけは、ネーム確認はおろか打ち合わせすらしていません。彼女はまだ若いですが、完璧な「ふかさくえみの世界」が出来上がっていて、第三者が介入できる余地が何もないからです。
と言わしめたその「ふかくさえみの世界」は、少しの不思議とキャラクタの気持ちで編まれた温かい世界です。
物語と演出が際立って素晴らしいのです。


さて、「購買のプロキオン」に収録される作品は、百合アンソロジー「ひらり、」に掲載された作品。
5つの物語はそれぞれがやはり少し不思議で独特。二人の少女の関係と主人公の想いを描いた作品集。
その5つのうち3つをピックアップして紹介します。

20130321-01.jpg「購買のプロキオン」

表題作です。
1年半寄ることがなかった学校の購買部。
全校生徒の顔を把握しているつもりだった生徒会長は、そこにいた自分の知らない女生徒が気になって仕方がない。購買が開いている時間にしか見かけることが出来ない彼女の正体を探ろうとするが…?

ネタバレになってしまうので詳しく書けないのがもどかしい。
プロキオンの彼女の正体はさることながら、彼女の事情がオチとしても、心情としても素晴らしいです。


20130321-02.jpg「ツバキ准教授の門限」

ツバキ准教授はいつも夜7時に帰宅する。
きっちりしっかり時間までに仕事を終え、飲み会にも頑なに出席しないその姿勢は何か理由があるのか。気になって仕方がないエノモトさんは、ツバキ先生を門限から解放しようと一念発起するが…?

こちらもネタバレになってしまうので書けませんが、「門限の理由」そのものをオチとせず二人の関係性に重点を置いてあるのが良いですね。


20130321-03.jpg「氷糖プレパラート」

子供の頃同じ佐藤姓で自然に友だちになった佐織と佑佳。しかし、とある事情で離れ離れにならざるを得ない状況だった二人。ついに同じクラスになってしまい…?

不思議な事情と、二人のせき止められていた気持ちが雪崩れ込んでくる。



ほんの少しの不思議や、ほんの少し気になること。
そうした「ほんの少しのなにか」を紡ぎ織り交ぜた二人の関係性の糸を編みあげてできる物語。

ふかさくえみさんご本人も、物語の作り方について、以下のように述べられています。
だいたい設定から考えることが多いです。設定好き。
身の回りの当たり前だと思ってることの一部分を
ちょっとだけ違うものとすり替える感じ。

こんな設定の人物、誰がどうなる話、みたいなシンプルなワンセンテンスからいろんな展開を考えたりそんな状況に置かれたキャラを適当に配置してあとはキャラ達が喋ってくれるのを待ちます。
http://theinterviews.jp/sukopen/271896

「購買のプロキオン」に収録されている作品も、「ちょっとだけ違うもの」という設定を丁寧に紡ぎ上げた物語であることを実感できると思います。その丁寧さは読後感にそのまま表れることでしょう。

百合度は低いかもしれませんが、この素敵な物語を是非とも読んで欲しいです。

ふかさくえみさん「購買のプロキオン」は3月30日発売!
※書籍扱いのため、発売日より早く店頭に並ぶ場合もあります。


サークル「すこやかペンギン」の作品もオススメですよ!
COMIC ZIN 通信販売 - すこやかペンギン
posted by 花 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 発売前レビュー | 更新情報をチェックする

2013年03月20日

等身大アイドルのロイヤルファミリー - 3月27日発売 春日歩さん「城下町のダンデライオン」1巻 発売前レビュー

■春日歩さん「城下町のダンデライオン」1巻

櫻田家三女の茜は花も恥らう15歳。今日も登校中の姿をカメラで狙われます!?
それもそのはず櫻田家は王家。防犯上の理由でカメラが目を光らせている…だけでなく、実は国民総選挙のための撮影なのです。
11人いる櫻田王家ファミリー。次期国王を選出する国民総選挙を三年後に控え、各マスコミは櫻田一家の姿を追い続けます。しかも王家一族はそれぞれ特殊な能力を持っているのです!

ざっくり言うと、特殊能力を持つ兄弟姉妹を偶像として放映して人気ナンバーワンなら次期国王!
非日常的ロイヤルファミリー4コマ!


王族と言えどSPとか付いてないし、超高級住宅に住んでるわけでもないし、セレブな学校に通うでもないし、リムジンで登校したりしないし、言葉遣いがお嬢ということもない。生徒会に入ったり、町内清掃に参加したり、スーパーで買い物したり、誕生日パーティだって家族でする。これでもかというほど普通の日本国民と同じ暮らしをする、なんとも国民と同じ目線同じ身分の王室。特殊能力以外は。全国民の注目の的であること以外は。
日常と非日常。日本全国区とご近所。特別と普通。相反しそうなそれぞれの要素を、どちらも描いているのが凄いですね。


プリンス・プリンセスであっても、悩みもするし、恋もする。家族を想うし、喧嘩もする。
9人兄弟姉妹それぞれの性格も、至って一般的です。

20130320-07.jpg長女 葵 (17歳)
 葵様の命令は絶対。
 能力の割にか、能力ゆえなのか、自身は無欲。というか聖女。

20130320-04.jpg次女 奏 (16歳)
 あらゆるものを生成することが出来るが、対価として貯金が引かれる。
 この能力ゆえにお金には五月蝿い。

20130320-08.jpg長男 修 (16歳)
 瞬間移動できる。
 茜大好き。

20130320-01.jpg三女 茜 (15歳)
 自身と触れているものの重力を自在に操ることができる。
 超人見知りで恥ずかしがり屋。

20130320-09.jpg四女 岬 (14歳)
 最大7人の分身を生み出す。分身はそれぞれ能力が突出する。
 思春期反抗期。

20130320-03.jpg次男 遥 (14歳)
 あらゆる可能性の確率を知ることができる

20130320-02.jpg五女 光 (10歳)
 生物の成長を一時的に変化させることができる。

20130320-05.jpg三男 輝 (6歳)
 肉体強化能力。小学生にしてすでに中二病。

20130320-06.jpg六女 栞 (5歳)
 動物や物と会話することができる。



光の能力とかマジ魔法少女だし、葵の能力はマジ絶対強者。奏は突っ慳貪のようでいてちゃんと家族思いだし、茜の恥ずかしテンパリ具合は可愛いし、修の茜好きは気持ち悪い。…やはり能力ゆえにあまり一般的な性格ではないのかもしれません。
それぞれの能力エピソードもさることながら、投票順位から兄弟姉妹間の意図思惑や情勢の変化も作品の物語として楽しむことができる上に、アイドル的見方も楽しむことができる。さらには各話で読者あるいは登場人物に対して、ミスリードを誘う物語展開に微小のミステリ要素もあったりするのです。
また、遥ともう一人、なにやら目的を持っているようで、国王決定総選挙とそこに渦巻く陰謀という大きなストーリー展開もこれから期待できます。このご近所スケールさだと悪徳陰湿陰険な陰謀ではないかもしれませんが、それはそれでどんなエピソードがあるのか楽しみですね。

なによりも茜の恥じらう姿が毎回毎度見ものすぎていいぞもっとやれ。
と言いますか、この極度の恥ずかしがり屋さんは目立つのが嫌すぎて人気投票中間発表時すら最下位を願うほど。しかし時には目立つのも顧みず人の助けに駆けつける姿はやはり王家の血。その後向けられたカメラによって恥ずか死(辱め?)を受けようとも!
20130320-10.jpg

1巻の表紙イラスト1枚で全てを描き表しているのも素晴らしいですね。


ちなみに私のイチオシ回は、修の恋愛エピソードです。脇役の佐藤ちゃんが可愛いのなんの。

春日歩さん「城下町のダンデライオン」1巻は3月27日発売!


ちなみに春日歩さんは、電撃やHJやガガガでラノベの挿絵をされてたりします。
まさにイラスト畑。ミラクらしい作家と言えるでしょう。


ついでの余談と言いますか、蛇足ですが、大井昌和さんの「今日から桜田ファミリア」とはなんの関係もございません。
あ、一応芳文社繋がりではありますが。
posted by 花 at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 発売前レビュー | 更新情報をチェックする

2013年03月02日

褒め上手な無自覚思春期キラー - 3月7日発売 黒渕かしこさん「ほめよめ」1巻 発売前レビュー

■黒渕かしこさん「ほめよめ」1巻

明るくて可愛らしくて超ポジティブな4コマ。
若くてロリータファッションが似合う若奥様かのんさん。
嫁入り先の老舗煎餅屋の萬丸堂で持ち前の天然っぷりを発揮して元気に明るく店番をします。

 
「ほめよめ」のタイトル通り、褒め上手なかのんさん。
20130302-01.jpg

魅力的な女性ではありますが、底抜けに天然でもあります。
20130302-03.jpg

旦那が死別していても、決して哀しみを表に出さず、明るく笑顔を振りまきます。
20130302-02.jpg

底抜けに明るいかのんさんとのギャップとして、「しんみりさ」を程よい雰囲気にしているのが素晴らしい。


マイペースなかのんさん。亡くした夫を想い続ける彼女に対して、自分の気持が解らない思春期まっさかりな義弟の智也。
智也からするとかのんさんは兄嫁。つまり「他人」。人妻かのんさん。魅力的な彼女にドギマギしたりヤキモキしたり、つい突っかかっちゃったり。でも、自分の気持ちに気付いてない。
そんな彼への想いに自らも気付いていない幼馴染あっこさん。彼女もやはり思春期。
妙な三角関係にならず、一方通行の想いの向き先。何これニヤニヤしちゃう。
ラブコメ一歩手前の状態なれど、いつ気付くのか、気付いて早く!と思わずにはいられない。
この思春期どもめっ

20130302-04.jpg 20130302-05.jpg
 
でも、どこまでもマイペースなかのんさんは、後ろからオオカミと猟師が付いて来ていることも露知らず、今日も明るく楽しく森の中を散歩するのです。
あ、自分で書いててこの表現凄いしっくり来ましたね。天然ゴスロリ赤ずきんと、オオカミな義弟と、それを追う幼馴染の猟師。しかも全員自分の役どころに無自覚!
最後は赤ずきんと猟師がくっつくんですね!(それはない

黒渕かしこさん「ほめよめ」1巻は3月7日発売!
 
COMIC ZINの塚本さんもイチオシの「墨色えれくとろ」もオススメですのよ!
posted by 花 at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 発売前レビュー | 更新情報をチェックする

2013年03月01日

小さいけど、大きい存在 - 3月7日発売 トイシキさん「ちっこいんちょ」1巻 発売前レビュー

■トイシキさん「ちっこいんちょ」1巻

委員長はちっこい。
そんなちっこくて大丈夫?とハラハラしちゃうほど。
でも、ちっこくて可愛いだけでなく、小さいなりの創意工夫と遊び心がさらに可愛い。


いいんちょは小さいので色々大変。

20130301-01.jpg
ケータイだって持ち運ぶのは一苦労。

学校に遅刻しそうでも猫の背中に乗って登校したり!
日直で黒板消さなきゃいけない時も、アクロバティック黒板消しを披露したり!

頑張る子供を見ているかのような。
非常に癒される作品です。


ある一つの「異質」の事柄──。そう例えば、内気なあの子が殺し屋だったり、登場人物の名前がみんな東京の地名だったり、あるいは世界がまるごと不思議で謎ばかりだったり──。そんな「異質」から、数々のネタを作っていく。4コマ漫画に限らず、漫画というフォーマットでの、作品の作り方の一つです。
「ちっこいんちょ」もそんな作り方をされている作品の一つですが、こうした作品の作り方の一番の課題は、ネタの持続性と発展性。
同じネタでも同じオチが頻繁だと、読者に飽きられてしまいます。
猫が丸いだけで12巻もやり続けているポヨポヨ観察日記スゲェ。という話にもなるかもしれませんが、これらの作品は、キャラクタが立ってこそ続けることが出来ると私は考えています。
そう、丸い猫しかり、貧しかった過去を持つお嬢様しかり、滅多に外出しない超インドア派しかり。

「ちっこいんちょ」も同様に、いいんちょは勿論のこと、徐々に脇役のキャラも立ち始めています。キャラが立ってくると、キャラクタ同士の言葉の掛け合いが楽しくなります。
そうしてちっこくて可愛らしいいいんちょを中心に、面白いネタが展開されていく。
いろんなキャラクタたちとの掛け合いが広がっていく。
ちっこいいいんちょがその小さい眼で、低い視点からでも見る世界が広がっていく。
巨乳キャラといいんちょの組み合わせとかイイですよね。いいんちょの視点ではどんな風景が見えるのでしょう。

ちっこいいいんちょが中心になれるのも、小さいながら一生懸命に頑張る姿が、さながらペットのよう、いやいや、いいんちょの人望によるもの。いや、守ってあげたくなるタイプだからかも…?
必然的か結果的かはともかく、どちらにして「委員長」という仕事をやり遂げていますね。
やはり「小さくても委員長」なんですね。


ところで、いいんちょはなんでそんなちっこいん?
20130301-02.jpg

ハイ、判りません!
そこはそれとして、ちっこいながら懸命に、でも楽しんで生活しているいいんちょに癒されるが良いわ!

トイシキさん「ちっこいんちょ」1巻は 3月7日発売!

ちなみにトイシキさん、以前のペンネームは豊田アキヒロさんでした。
併せて読むのもアリなのですわ。

posted by 花 at 18:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 発売前レビュー | 更新情報をチェックする

2月の読書メーターまとめ

2013年2月の読書メーター
読んだ本の数:55冊
読んだページ数:6412ページ
ナイス数:14ナイス続きを読む
posted by 花 at 09:36| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック購入履歴 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。